歯の詰め物・被せ物、銀歯が気になるならセラミック~審美歯科~歯の詰め物・被せ物、銀歯が気になるならセラミック~審美歯科~

口を開けたときに見える銀歯が気になって、話し方がぎこちなくなってしまったり、笑う時につい口元を手で覆ってしまったりしていませんか?

こうした歯の見た目に関するお悩みは、セラミックなどの白く美しい審美歯科素材を使用することで解消できます。千葉県鎌ヶ谷市の花香歯科医院では、審美性と機能性を同時に向上させる技工物や治療法のご提案を行っています。気になることやご不明なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

保険診療素材のデメリット保険診療素材のデメリット

虫歯治療で歯を削る部分が多くなった場合は、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)を装着して歯の機能を補います。このとき、保険診療で使用する素材が銀歯(銀合金・金銀パラジウム合金)とレジン(歯科用プラスチック)。これらは健康を維持するために最低限の機能や耐久性を有していますが、その一方で以下のようなデメリットもあります。

  銀歯 レジン
使用部位
  • 正面から見えない部分(奥歯など)
  • 正面(前歯など)
デメリット
  • 治療の痕跡が目立つ
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 歯ぐきが黒ずむことがある
  • 着色しやすい
  • 時間が経つと変色しやすい
  • 強度がないので、欠けたり割れたりすることがある

自費診療で使用できるメタルフリー素材自費診療で使用できるメタルフリー素材

お口のなかにある銀歯が、実は金属アレルギーの原因になっている可能性があります。銀歯が劣化すると、そこから金属イオンが溶出。それが体内に入り込むことで、かゆみやかぶれ、さらには頭痛や目まいなどの症状を引き起こすことが少なくないのです。

そうしたトラブルを避けたい方には、インレーやクラウンに金属を使用しないメタルフリー素材がおすすめです。保険が適用されない自費診療になりますが、金属アレルギーに悩まされるリスクはなくなります。

当院の取り扱い審美歯科素材当院の取り扱い審美歯科素材

クラウン
区分 保険
色調再現 ★☆☆☆☆
耐変色性
長年使用していると黒ずむ
強度性 ★★★★☆
生体親和性 ★☆☆☆☆
素材
金を12%含むj保険適用の金属
適応症例 保険で認められている
範囲内で対応できます。
ブリッジ
(保険適用に制限あり)
長所 保険適用内で出来る
短所 金属のため目立つ
年月が経つと黒ずむ
プラークがつく
硬質レジン前装冠
区分 保険
色調再現 ★★☆☆☆
耐変色性 ×
着色・変色がある
強度性 ★☆☆☆☆
やわらかいので破折・摩耗あり
生体親和性 ★★☆☆☆
素材
プラスチックと金属
適応症例 保険で認められている
範囲内で対応できます。
ブリッジ
(保険適用に制限あり)
長所 保険適用内で出来る
短所 年月が経つと変色や着色が目立つ
プラークがつく
ハイブリットセラミックス(各種)
区分 自由診療
色調再現 ★★★☆☆
耐変色性
着色・変色がある
強度性 ★★★☆☆
天然歯と同じ硬さ
生体親和性 ★★★☆☆
素材
プラスチックとセトモノの混合
適応症例 詰め物・被せ物の両方
ブリッジ
長所 安価な自費
天然歯と同じ硬さ
プラークがつきづらい
短所 年月が経つと
多少変色や着色がある
ホワイトクラウン
区分 自由診療
色調再現 ★★★☆☆
耐変色性
変色なし
強度性 ★★★★☆
天然歯より若干硬め
生体親和性 ★★★☆☆
素材
セトモノと金属
適応症例 被せ物のみ
ブリッジ
長所 安価な自費
変色しない・強度がある
プラークがつきづらい
短所 色が16色しか選べない
使用する金属の種類が限られる
メタルボンド
区分 自由診療
色調再現 ★★★★☆
耐変色性
変色なし
強度性 ★★★★☆
天然歯より若干硬め
生体親和性 ★★★★☆
素材
セトモノと金属
適応症例 被せ物のみ
ブリッジ
長所 隣の歯に限りなく近い色を再現できる
強度がある
プラークがつきづらい
短所 多少料金がかかる
ホワイトジルコニアクラウン
区分 自由診療
色調再現 ★★★☆☆
耐変色性
変色なし
強度性 ★★★★☆
天然歯より若干硬め
生体親和性 ★★★★★
素材
セトモノとジルコニア
適応症例 被せ物のみ
ブリッジ
長所 隣の歯に近い色を再現できる
金属を使用しないため体に優しい
プラークがつきづらい
短所 色が16色しか選べない
多少料金がかかる
オールセラミックス(ジルコニア系)
区分 自由診療
色調再現 ★★★★★
耐変色性
変色なし
強度性 ★★★★☆
天然歯より若干硬め
生体親和性 ★★★★★
素材
セトモノとジルコニア
適応症例 被せ物のみ
ブリッジ
長所 隣の歯に限りなく近い色を再現できる
金属を使用しないため体に優しい
プラークがつきづらい
短所 料金がかかる

歯並びが気になる方へ 歯並びが気になる方へ

当院の治療では、歯の見た目だけでなく機能性も重視した処置を行っています。虫歯治療や審美治療で歯科技工物を取り付ける際には、咬み合わせにも十分配慮しています。健康な歯の歯並びが気になる方には矯正治療をお受けいただくことも可能ですので、ご相談ください。

乱れた歯並びは見た目が悪いため、コンプレックスに感じる方も少なくありません。また、しっかり咀嚼できずに消化器官に負担をかけてしまったり、息漏れによってうまく発声できなかったり、ブラッシングのしにくさから虫歯や歯周病を招きやすくなったりもします。

当院では月1回のペースで専門医による矯正相談を行っています。矯正治療は子供だけでなく、大人になってからも効果が期待できます。歯並びのことでお悩みでしたら、一度お気軽にご相談ください。

天然歯の黄ばみはホワイトニングで解決! 天然歯の黄ばみはホワイトニングで解決!

天然歯は年を重ねるにつれて次第に表面のエナメル質が薄くなり、下層の象牙質の黄色がかった色調が見えてくるようになります。また、コーヒーや赤ワイン、カレーなどの色の濃い飲食物の摂取、さらには喫煙などによって、歯には着色汚れが蓄積していきます。

こういった黄ばみや着色による歯の色が気になる方には、ホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングとは、専用の薬剤を歯に浸透させることで黄ばみや着色を落とし、歯を白くする方法のこと。健康な歯を傷つけたり削ったりせずに、白くできるのが特長です。最近は芸能人やモデルだけでなく、結婚間近の方や大きな商談を控えたビジネスマンの方、重要な面接がある就職活動中の方などの施術事例が増えています。

当院のホワイトニングメニュー当院のホワイトニングメニュー

当院では、通院せずにご自宅で施術できるホームホワイトニングをおすすめしています。ホームホワイトニングでは、まず歯科医院でお口に合ったマウスピースを作製し、そこに薬剤を入れて歯に浸透させることで歯を白くします。

ホームホワイトニングのメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 低濃度の薬剤を使うので刺激が少ない
  • 自分のペースで進められる
  • 好きな時間を使って取り組める
  • 色の後戻りが少なく、白さが長持ちする
  • 通院回数が少ない
  • 白さを実感できるまでやや時間がかかる(2週間ほど)
  • 施術前にはしっかりブラッシングして汚れを落とす必要がある
  • 白さのコントロールがやや難しい
ホームホワイトニングの注意点

ホームホワイトニングは比較的刺激の少ない薬剤を使って安全に歯を白くする方法ですが、18歳未満の方や妊娠中の方にはおすすめできません。また、効果には個人差があり、人工歯を白くすることはできません。虫歯や歯周病はある場合はそちらの治療を優先し、治療が終わってからホワイトニングを行うことになります。

その他にも、ホワイトニングでご希望の結果を得るためにはいくつかの注意点がありますので、歯科医師の指示に従って慎重に取り組みましょう。