合わない入れ歯でお悩みならご相談ください 合わない入れ歯でお悩みならご相談ください

日常生活のなかでは気づきにくいですが、お口のなかの形状は絶えず変化しています。そのため、しっかり時間をかけて作った入れ歯(義歯)も、少しずつ合わなくなってしまうのです。長きにわたって快適に入れ歯を使えるようにするには、人の手で修正・調整・交換を行う必要があります。

好きなものを自由に食べられなくなったり、会話を楽しめなくなったりすると、充実した生活を送れなくなってしまいます。上記のようなお悩みがあるなら、「仕方ないか……」とあきらめずに当院までご相談ください。

こんな入れ歯のお悩み、ガマンし続けないで……

  • 入れ歯の装着時に違和感がある
  • 入れ歯がずれて痛い
  • しっかり咬めないので食事が苦痛
  • 入れ歯が使いにくいので会話も億劫
  • 食事や会話が楽しみでなくなった

千葉県鎌ヶ谷市の花香歯科医院では他院で作った入れ歯の修理・調整にも対応します

「保険入れ歯」と「自費入れ歯」の違い「保険入れ歯」と「自費入れ歯」の違い

入れ歯を作る際には、「保険診療の入れ歯」と「自費診療の入れ歯」をお選びいただけます。安価で最低限の機能を持った保険診療のものを選ぶこともできますし、より快適な生活を楽しむために自費診療のものを選ぶことも可能です。

千葉県鎌ヶ谷市の花香歯科医院では、保険の入れ歯・自費の入れ歯のいずれにも対応しております。両者の違いをしっかり理解し、ご自身に適したものをお選びください。

保険診療
保険診療
自費診療
自費診療
【タイプ】
床にレジン(歯科用プラスチック)を使用した入れ歯しか選択できない
【タイプ】
最新の高品質な素材、入れ歯のタイプなどを自由に選べる
【使用感】
慣れるまで違和感が大きく、しっかり咬めないことがある
【使用感】
口に合ったものが作れる。床を薄くすることができるので、装着時の違和感も低減できる
【耐久性】
レジンに強度がないので、壊れやすい
【耐久性】
割れにくい。素材によって長持ちするものを作れる
【メリット】
  • 安価に作ることができる
  • 修理が簡単にできる
  • 治療に時間がかからない
【メリット】
  • 金属床にすれば食べ物・飲み物の温度が伝わりやすい
  • 入れ歯とわかりにくいものが作れる
  • 汚れの付着が少なく、メインテナンスが楽にできる
【デメリット】
  • 【入れ歯を使っていることがわかりやすい
  • 【レジンが水分を吸収する素材なので、においや細菌の発生につながりやすい
  • 【汚れが付着しやすい。
【デメリット】
  • 【保険診療に比べて高価で、仕上がりまでに時間がかかることがある
  • 【なかなか壊れないが、一度壊れると修理が難しい

当院の取り扱い入れ歯紹介当院の取り扱い入れ歯紹介

レジン全部床
区分 保険
強度性 ★★★☆☆
材質
合成樹脂
耐久性
金属床より劣る
熱伝導性
熱い冷たいが、わかりにくい
長所 治療費が安い
短所 汚れが目立つ
においがつきやすい
金属全部床(コバルト)
区分 自由診療
強度性 ★★★★☆
材質
合成樹脂と金属
耐久性
壊れにくい
熱伝導性
熱い冷たいが、わかる
長所 金属部分を薄くでき、違和感が少ない
短所 多少重い
金属全部床(チタン)
区分 自由診療
強度性 ★★★★☆
材質
合成樹脂と金属
耐久性
壊れにくい
熱伝導性
熱い冷たいが、わかる
長所 コバルトに比べて体になじみやすい
金属部分が薄く、軽く出来るため違和感が少ない
短所 料金が多少かかる
ノンクラスプデンチャー
区分 自由診療
強度性 ★★★★☆
材質
特殊合成樹脂
耐久性
壊れにくい
熱伝導性
熱い冷たいが、わかりにくい
長所 ピンク色の部分が薄く、軽量金属不使用なので入れ歯に見えづらい
無味無臭
短所 とくになし

顎関節症のマウスピース治療について顎関節症のマウスピース治療について

当院では、顎関節症を改善するためのマウスピース治療「スプリント療法」にも対応しています。スプリントとは、顎関節症用のマウスピースのこと。装着することで、以下のようなメリットがあります。

  • 就寝時の歯ぎしりやくいしばりの癖を直す
  • 顎関節にある関節円盤を正常な位置に戻す
  • 顎の筋肉を弛緩させることで咬み合わせを整える

歯型を取り、咬み合わせを考えながらマウスピースを調整していく治療法で、痛みはありません。もし顎関節の痛みや違和感などにお悩みでしたら、スプリント療法にも対応している当院まで一度ご相談ください。

治療後も定期的にメインテナンスを行いましょう。治療後も定期的にメインテナンスを行いましょう。

どんなに高品質な入れ歯を作っても、その後のメインテナンスが十分でないと入れ歯が合わなくなってしまいます。歯ぐきは時間の経過とともに痩せていくもの。入れ歯が合わないまま使い続けることは、お口の健康にとっても、全身の健康にとってもよくありません。

末永く快適に入れ歯を使い続けるためにも、入れ歯は作ったらそれっきりではなく、歯科医院の定期検診を受けてしっかりメインテナンスしましょう。